境界確定について | 泉区 南光台 鶴ヶ谷 旭ヶ丘 自由ヶ丘 松森周辺の不動産をお探しなら株式会社アオキガーデンにお任せ下さい。

022-251-8086

営業時間9:00~18:00(日曜、祝日 10:00~16:00) 定休日毎週水曜日

日記
境界確定について

売買を行う時に、土地にあるべき境界杭などが紛失していることがあります。

たとえば、昔に塀の施工をしたときに塀の下に埋まってしまった、長期間雨風などにさらされて境界プレートが劣化して、どこかへ紛失してしまったりなどがあります。

杭が無い場合は確定測量をお勧めします。

境界確定とは、土地家屋調査士が行い近隣者と杭の位置を立会確認した後に、杭が紛失した場所に杭などを復元し境界確定図を作成し近隣からの印鑑をもらい、市町村に提出して完了します。

特に宮城県は東日本大震災で、地盤が動いたと言われていますので、土地によっては境界確定を土地家屋調査士から勧められることもあります。

境界確定図は土地の広さの証明書となり、土地の広さが確定していると買主も購入しやすいかと思います。縦えば杭があったとしても、土地を測った時期が数十年前ですと当時の測量と差異が生じていることもたまにあるようです。昔は今のようにGPS機械などなかったために、誤差は仕方ないかと思います。

杭が紛失していたり、昔からの土地で登記面積と違うのではと思う時は、確定測量をお勧めします。

投稿日:2018/08/04   投稿者:阿部 郁子